迷惑メール受信実験


7月1日に「特定商取引に関する法律施行規則」「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律施行規則」が適用されました。
そこで、両法の効果を調査するために7月1日の24時間、ドメイン指定受信を解除してみることにしました。
その結果、7月1日の24時間で、迷惑メールが20通来ました。

件名が不正7件
差出人アドレスが不正1件
送信者の住所等がない16件
再配信拒否方法がない4件
すべての条件をクリア0件

適用直後なので、甘目に判定しています

前回の79通と比較して減少してはいるものの、まだまだ被害は続いています。
しかもすべてのメールが違法でしたので、経済産業省に情報を提供しました。
8月1日に再度、受信実験を行う予定です。






前回の実験より一ヶ月後の8月1日に、再度受信実験を行いました。
その結果、前回の実験を超える24通の迷惑メールを受信しました。

件名が不正0件
差出人アドレスが不正4件
送信者の表記が不正24件
再配信拒否方法が不正2件
すべての条件をクリア0件


相変わらず違法メールばかりですが、件名に関しては表示義務を守っているようです。
今後、件名による受信拒否が実施されれば、かなりの迷惑メールを防げるかも知れません。
ドコモは未練がましく先延ばしせずに、潔く実施して欲しいものです。






9月1日にまたまた受信実験を行いました。
その結果、大幅増の40通の迷惑メールを受信しました。

件名が不正1件
差出人アドレスが不正7件
送信者の表記が不正39件
再配信拒否方法が不正16件
すべての条件をクリア0件


状況は変わらず、と言うよりも悪化しているようです。
この2ヶ月、経済産業省と総務省には、それこそ山のように情報が寄せられたはずです。
それなのになぜ、違法メールが減らないどころか、同じ業者がのさばっているのでしょう。
お役所もDoCoMoもやってるふりだけ?
やはり総務省と経済産業省は何もしていなかった






10月1日より件名による受信拒否ができるようになりました。
そこで1日の0時より、ドメイン指定受信を解除してみました。
しかし、何の効果もなく「未承諾広告※」メールを受信してしまいます。
朝を待ってドコモに問い合わせたら、9時からフィルタリング開始とのことでした。
普通、何もアナウンスがなければ0時開始でしょう。
どういう感覚してるんでしょうね。

気を取りなおして、1日9時から2日9時まで24時間の受信実験を行いました。

  未承諾広告※(前方に全角スペース2個入り)1件
未 承 諾 広 告 ※(文字間に半角スペース入り)1件
全く異なる件名4件
正しい表記0件


他キャリアで対策済みのためか、既に件名を微妙に変えたメール(当然違法ですが)があります。
今後はこのようなメールが増えて行くことでしょう。
通報しても効果は期待できないし、お先真っ暗です。

ところが、この機能にはさらに恐ろしい罠が仕掛けられていたのでした。
ドコモのサーバーから送信された「未承諾広告※」メールだけは、受信されてしまうのです。
そうなると送信業者はドコモに集中し、送信と受信の両方で丸儲けです。
さらにドコモへの通報はiモードメールでしか受けつけないので、ますますドコモが肥え太る訳です。
まさに守銭奴……このほかの言葉が思い浮かびません。






11月1日に受信実験を行いました。
「未承諾広告※」メールのみを拒否してみました。
本来ならこれで迷惑メールは受信されないはずですが…。
24時間で13件の違法メールが届きました。
タイトルを列挙しますので、間違い探しをしてみてください(^^;)。

未承諾 広告 ※
 末承諾広告※
  未承諾広告※
嬉しいお話
mudai
未承諾広告 ※
未承諾広告*
未承諾広告 ※
   未承諾広告※
未承諾広告*
未承諾広告*
   未承諾広告※
未 承 諾 広 告 ※